《お役立ち情報》家賃の一ヶ月分が相場の礼金


《お役立ち情報》家賃の一ヶ月分が相場の礼金
"近頃の不動産物件で最も人気のあるのが一軒家でも分譲でもなくやはり賃貸物件なのではないでしょうか。
少し前にはファミリー揃って賃貸を選ぶというのは多くありませんでしたが、今では非常に多くの人が賃貸を選んでいます。礼金の一部というのは大家さんが不動産屋に支払うこととなり、それは言わば紹介料という形になります。
大家さんがわざわざ自腹を切って不動産屋へ紹介料を支払う習慣は無く、礼金が紹介料として習慣になっているのです。
礼金というのは、戦後の焼け野原で家の無い人達が「大家さん、家を貸してくれてありがとうございます」という、お礼の意味から始まりました。
東京や埼玉など関東を中心として礼金制度が広まり、その名残りとして現在でも残っているのです。

入居者から2ヶ月分の礼金をいただいたとしましたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うというのが一般的なこととなります。
つまり賃貸物件の契約者が大家さんに変わって、不動産屋に対して紹介料を支払っているということになるのです。"



《お役立ち情報》家賃の一ヶ月分が相場の礼金ブログ:20-03-07

我が家は、旦那、妻である僕、
大学生と高校生のお子さん2人の4人家族です。

結婚して22年、
旦那と出会ったのが大学生の頃ですから、
もう相当長い付き合いになります。

思うのですが、家の中で父親は、
家族のために一生懸命働いているのに、
母親とお子さんとのがっちりしたつながりに比べて、
うっかりすると仲間はずれ的な、
蚊帳(かや)の外的な存在になりがちだと思いませんか?

どんな夫婦も、いま別れずに一緒にいるということは、
心の奥底で、お互いをかけがえのない存在として
愛おしく思っているからだと思います。

僕から旦那へのふつふつとした愛情に気付いていくと、
家族のためにあめの日も風の日も真面目に働いてくれた旦那に
感謝の気持ちが湧いてくると同時に、
僕から旦那にこれから出来ることは何かな…
と改めて考え始めました。

その時に思いついたことが、
家の中をすごくあったかくしよう!
みんなが父親のこと大好きな雰囲気を作っていこう!
ということです。

家族に絶対的な影響力のある母親が、
「旦那のことを大好き」だったら、
お子さんたちも父親のことが大好きになるはず…

そういう家庭は
旦那にとっても居心地が良いのではないかと思ったのです。

その想いが功を奏して、
気がつくとお子さんと僕との間で
「旦那の話題」がものすごく多くなっていきました。

といっても、ほめてほめて褒めまくっているわけではありません。
大体生意気ざかりのお子さんたちに、それを求めるのは酷というものです。

僕は、家族の中で言われる他愛のない悪口ほど
「犬も食わない」ものはないと思うのですが…
まさに好意の裏返し、親密感の表れ、そう思いませんか?

《お役立ち情報》家賃の一ヶ月分が相場の礼金

《お役立ち情報》家賃の一ヶ月分が相場の礼金

★メニュー

《お役立ち情報》賃貸では敷金について理解しておく必要がある
《お役立ち情報》家賃の一ヶ月分が相場の礼金
《お役立ち情報》賃貸契約は一般的に二年間で更新
《お役立ち情報》安心感の強い大手不動産
《お役立ち情報》フランチャイズの不動産屋の特徴
《お役立ち情報》思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
《お役立ち情報》恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
《お役立ち情報》家賃の上限は決めていますか?
《お役立ち情報》現地まで出向いて方角チェック
《お役立ち情報》実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸探しの参考サイト